【古典落語】「死神」のあらすじと解説~現代にもつながる世界観

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


今回は死神という演目についてです。現代のメディア作品でもこの噺を元にした寿命の表現をする作品が多いですよね。

非常に有名な噺のため、ご存知の方も多いかと思いますが、ぜひお楽しみください。

 

 

死神とは

三遊亭圓朝によって創作された演目。

グリム童話の第二版に収さめられた『死神の名付け親』を翻案したものといわれる。

 

あらすじ

昔から金に縁がなく首をくくる寸前の男の前に杖をついた痩せた老人が現れた。

爺さんの正体は死神だった。

死神は男に金が儲かる仕事を教えてやるともちかける。

老人によると、病人に必ずついている死神さえ見えれば、その病人の生き死にがすぐにわかるとのこと。

死神が見える呪いをかけてやったから、男に医者を始めろと言うのだ。

病人が来たら死神の座っている位置を見極めること。

病人の枕元にいたらもうダメだから、治療はいっさいせずに足元にいたら助かるから治療をする。

治療といっても手を二つたたいて死神を追い払うだけだ、と言い残して死神は消えてしまった。

男が早速、医者の看板を出すと、日本橋の大店から、見立て依頼の使者が来た。

男が病人の部屋へ入ると、具合のよいことに死神が足元のほうに座っている。

それから死神の近くで呪文をとなえ、手をポンポン。

死神はいなくなり、あっという間に病人は元気になった。

これが評判になり、男はたちまち名医として評判になった。

それに留まらず、都合よくどこへいっても死神が足元に座っていて、病人はどんどん全快になった。

そのうちに男は大金持ちになり、大きな家を建てて妾までおくような身分になった。

すっかりいい気になった男は豪遊を続けた。

悪銭身に付かずとは言ったもので、すぐにまた、金がなくなった。

ところが今度は思うようにはいかず、さっぱり患者はやって来ない。

たまに患者が来ても、死神が枕元に座っている。

どうにも困っていると江戸でも指折りの大金持ちから使いが来た。

大喜びで出かけたが、大金持ちの病人の枕元に死神が座っていた。

男が「助かりません」というと、そこをなんとかと礼金がつりあがり、一月でも寿命が伸びたら一万両にまでなった。

大金に目がくらんだ男は一計を案じ、若者四人を使って死神が居眠りしているすきに寝床をくるっと回した。

病人の足元に来た死神に向かってすかさず呪文をとなえ、手をポンポン。

スーと死神は消え、病人は全快した。

一万両を手にしてホクホクの男のところへ、最初の死神が現れた。
「どうしてあんなことをした」と、男を穴ぐらへ連れこんだ。

穴の中には人間の寿命を表すロウソクが並んでいて、男のロウソクは助けた病人のものと入れ替かわって消えそうになっていた。

「助けてくれ」と男が頼むと、死神はロウソクを繋げと言う。

しかし、男は恐怖のあまり、手がガタガタふるえてロウソクを繋ぐことが出来ない。

「早くしろ」と死神がせかす。

「あぁ、消える……」

 

よかったら下記リンクをクリックしてください。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ

 

解説

最後の場面で落語家が倒れながらああ消えるという表現をする。

男が死ぬところがサゲとされるのが一般的である。

死神の設定であったり、寿命がロウソクで表される世界観は現代の作品でも使われるものであり、非常に面白い設定。

サゲに向かう場面は非常に緊張感があり、見せ場の一つといえるとでしょう。

 

 

 

動画

サゲのバリエーションも色々ありますので是非お楽しみください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*