【ポケモン】素人でもレート2000!!最強パーティー構築法教えます。(前編)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


小学生の頃にポケモン緑しかやったことなかった僕がORAS時代に最高シングルレート2000を達成しました。

ポケモン初心者や中級者の方向けにパーティー構築のポイントを全て教えます。

 

 

ポケモンを始めることにしたきっかけ

 

まず、僕が小学生の頃にしかやっていなかったポケモンを大人になってから始めた理由から書いていきます

なんてことはないのですが、その時期仕事を辞めていたので暇すぎてゲームの実況動画を見ていました。

その中でもやはりポケモンは人気があり、動画を見てめちゃくちゃ面白そうで感動したのを覚えております。

それからすぐにアルファサファイアを購入し、始めることにしました。

なぜこの話から入ったのかというと、ポケモンGOからの復帰勢もかなり多いのではないかと思い、そういった方に読んでほしかったのできっかけから書いてみました。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ポケットモンスター アルファサファイア
価格:3454円(税込、送料無料) (2017/1/13時点)

ポケモンを始めて最初の壁

 

ポケモンを始めて最初の壁はやはり、厳選でしょう。

ここでは詳しくは書きませんが、最初は初心者向けパーティーとネットで書かれているようなパーティーを作りました。

たまご技の漏れや努力値を振り間違いや進化前しか覚えない技を覚えさせずに進化させるなど初めは失敗を繰り返しました。

同じような経験はみんなしていると思いますが、僕はサンムーンでも未だにやっています(笑)

 

シングルレート2000を達成するためには

 

レート2000(以下、シングルレートに限定)を達成するために、必要なことスキルを分解してみると

  1. 知識
  2. 環境理解力
  3. 発想力
  4. 判断力
  5. 読み

といったところでしょうか?

ちなみに1と2と3はパーティー構築、4と5についてはプレイングです。

僕自身は1についてはあまり自信がありません。なぜならORAS復帰勢だからです。

相性、基本的なダメージ計算方法、使用率30以内のポケモンのSとタイプとどういった技構成なのか等が分かれば知識としては問題はありません。

最初はとりあえず作ったパーティー(性格、5V、努力値振り、技構築はしっかり行う)でたくさん対戦してください。

そして、そこであったポケモンについての知識はネットで調べて、ダメージ計算ツールを使い、必要な知識は習得していってください。

 

本題のパーティー構築について

では本題のパーティー構築についてです。

基本的な構築としては

  • 対面構築
  • サイクル構築
  • 抜きエース構築
  • ギミック構築(僕が勝手に作った名称)
  • 表裏構築(僕が勝手に作った名称)

の5つが基本です。

ポケモンのレート戦の勝利条件は相手の三体を早く倒すか、時間切れの時に残体力が多いか(TODの仕様変更とTODの優先順位についてはORAS準拠)のどちらかです。

 

対面構築とは

対面構築とは1対1に強いポケモンを6体で構築し、初めの1対1で相手を倒し、相手が自分の1体目に有利な2体目を出した所にこちらが有利な2体目を選出し、勝つような構築です。

基本にして普遍性が高いのでレート上位にも多く、上手く作るとパクれば何も考えなくても強いパーティーになります。

環境理解力が試されるパーティー構築になります。

 

サイクル構築とは

サイクル構築とは相手との対面でタイプ相性がいいポケモンを受け出しし、相手が交代してくるであろう受け先にを負担をかけるような構築の事です。

代表的なパーティーに役割論理のヤーティー、受けループというようなパーティーがあります。

交代先に高ダメージを与える役割論理と受けだしの際にダメージを最少減に抑える受けループと発想は真逆ですが、下記のような共通点があります。

  • 受け出しが出来るほどの耐久(タイプ相性を含む)
  • 交代戦には関係のないSには努力値を振らない(調整振り、TOD狙いのグライオン、とんぼ返り・ボルチェン等例外あり)

 

抜きエース構築とは

壁貼りやバトンタッチなどによるサポート型と積みサイクルなどの構築があります。

単純に言えば積み技によって三体を一気に抜くような構築です。

サポート型の方が純粋な抜きエース構築だと思いますが、積みサイクルの隙あらば積むようなパーティーは非常に受けづらく対策が立てづらいため、個人的には最強の構築の一つといえると思います。

 

ギミック構築とは

レパルダスとキノガッサのレパルガッサ、ボルトロスとメタモンとピクシー、ガブリアスとビビヨン、ジャローダとオニゴーリ等の害悪といわれるような知らなければ勝てないギミックに無理やり持っていくようなパーティーの事です。

天候パなども含むとしてください。

上記のような対策をしていないと何もできずに詰むようなギミックを基にパーティーを構築する構築。

嫌い。

 

表裏構築とは

僕が作った言葉なのですが、相性がよく組み合わせとして強い三体の並びを基本選出(表)としてとその三体が出しづらい場合に出す三体で作る構築の事です。

例えば、バシャーモ・ナットレイ・サンダーの並びやサザンドラ・ギルガルド・マリルリの並びやカバルドン・ルカリオ・カイリューの並びにゲンガーキノガッサ等のなんとか誤魔化しが効くようなポケモンで構築するようなパーティーです。

このパーティーは並び次第でサイクル意識や三体や抜きエース意識の三体等を組み合わせるため、上記の構築をベースにく組み合わせるようなイメージだと思ってください。

※上記の構築の例は僕が説明しやすいように分類しているため、厳密な分類ではないことに加え、どちらにも分類されないようなことが多いため、参考までにしてください。

下記のサイトなどはまた別の分類をしています。

http://ch.nicovideo.jp/sunsetcolight/blomaga/ar916105

 

実はこのセオリー通りの構築では勝てない?

実はここまで紹介してきた構築をそのまま使い、レート2000を達成する人は少ないだろうというのが僕の本音です。

 

レート1800前後はレート上位を組み合わせたようなパーティーが多いのですが、それ以上になるとパーティーは上記のどれかを軸に上記の様々な構築に対策出来るようなポケモンを入れているかドマイナーポケモンを軸に綺麗に構築されているようなパーティが増えてきます。

 

実はここにレート1800の壁を超える要素があるのです。

レート1800には明確な壁があります。少々長くなってしまったのでこの壁を超える方法については次回また、書いてみたいと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ポケットモンスター ムーン
価格:4355円(税込、送料無料) (2017/1/13時点)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*