【古典落語】「千早振る」のあらすじと解説~現在に繋がる笑いの法則

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


滑稽噺の中でも人気のある作品、「千早振る」ですが、この演目を聞くと現代の漫才にも通じるエッセンスを感じてしまいます。

知ったかぶりをし、話をどんどん広げる隠居と冷静に見つめる八五郎の形は実に面白いですね。

 

千早振るとは

「百人一首」「無学者」などとも呼ばれ、知ったかぶりをする隠居が百人一首について適当な解釈を述べる流れ。

三遊亭小遊三の得意演目でもあり、まさに笑点での姿に通じる演目である。

 

あらすじ

 

百人一首をしていた娘から「千早振る神代もきかず竜田川から紅に水くぐるとは」の意味を聞かれて困った八五郎が横丁の隠居のところへ教えてくれとやってきた。

じつは隠居のほうも知らないのだが、そんなことはおくびにも出さず、

「おうおう、教えてあげよう。お前、この竜田川をなんだと思う」

八五郎がどこかの川かなと見当をつけると、隠居は首を横に振り、昔の相撲取りの四股名だと断言した。

この竜田川がやたらと強く、親の反対を押し切って江戸に出、三年で大関になった。

人気力士だったが、ひと目惚れした女郎の千早にはあっさりと振られた。

そのうえ千早の妹分の女郎、神代にも振られてしまう。

千早に振られて神代も言うことをきかない竜田川となるという迷解釈。

八五郎はすっかり関心してしまう。

さらに後半の解釈が続く。

惚れた女に相手にしてもらえなかった竜田川はすっかり腐る。

博打を打っては酒は飲み、あげくに相撲をやめて国へ帰ってしまう。

それから両親のやっている豆腐屋を継いだ。

十年後のある日、豆腐屋の竜田川が豆腐の仕込みをしているととボロボロの着物を着た女乞食が来た。

卯の花(おから)をめぐんでくれと頼んだ。

情け深い竜田川が卯の花をやろうとして、女の顔を見てびっくりした。

「これがな、竜田川を振った千早のなれのはてだ」と隠居。

人気のおいらんがいくら歳をとったといっても、乞食になるのはちょっとおかしい。

八五郎が聞くと、さすがの隠居も言葉に詰まり、

「うるさいね。なったんだからしょうがないじゃないか。」

かなり苦しいが、隠居は強引に話を進めていく。

昔のくやしさを思いだした竜田川。

女乞食の千早に卯の花をやるどころか、突きとばして井戸へ落としてしまった。

おからをやらないから、からくれない井戸に落ちて水をくぐったというわけだ。

「はい、これで終わり」

「おかしいなあ」

八五郎が文句をつけた。

「水くぐるんなら、水くぐるでいいで後の『とは』というのはなんです。とは、は」

「とは。とはぐらいまけとけ」

「まからないよ。とはというのはなんなんですか」

「ようく調べたら、千早の本名だ」

下記リンクよかったらクリックしてくださいね!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村

落語 ブログランキングへ

 

解説

「千早振る神代もきかず竜田川から紅に水くぐるとは」とはどういった歌なのか。

簡単に言えば、神々が生活していたような古から奈良県の竜田川が紅葉でここまで赤く染められた事がないくらい美しいといったところでしょうか?

ざっくりと訳していますが、もっと美しい訳については調べていただければと思います。

つまり、この俳句を聞いて、適当な解釈し、煙に巻こうとする隠居の話ということです。

 

 

動画

三遊亭井小遊三の千早振るです。やはり得意演目という感じですね。

柳家小さんの隠居はまさに名人芸ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*