AKB48チーム8吉川七瀬がアホかわいい!話題のSHOWROOMやキャッチフレーズについてまとめてみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


AKB48チーム8千葉県代表の吉川七瀬(よしかわななせ)のアホかわいさに虜になるファンがかなり増えているようです。

そんな彼女の人気の秘訣であるSHOWROOM、オーディション、性格、アホかわいい、容姿、写真写り、スタイル、パフォーマンス、キャッチフレーズ、ミルフィーユについてまとめます。

 

吉川七瀬とは

公式ニックネーム ななせ
生年月日

1998年7月21日 (18歳)

出身地

千葉県

血液型

A型

身長

163cm

 

吉川七瀬の人気の理由

 

性格

吉川七瀬はSHOWROOMで積極的に配信を行っており、そこから人気の出ているメンバーの1人です。

 

twitter等での反応もかなり話題になっており、注目を集めています。

 

 

実際に配信を行った動画を載せておきます。

見ていただくとわかるかと思いますが、彼女は年齢の割にかなり幼く素直な印象を受けます。

 

その幼く素直な性格から「あほかわいい」と言われ、癒されている人がたくさんいるようです。

 

その反面で、苦労人の一面もあります。

 

 

彼女は子供のころからアイドルに憧れて、握手会に行っているただのアイドルヲタクでした。

 

それから、彼女は憧れているだけではなく自分自身もアイドルになりたいと思うようになりました。

 

そこから彼女は様々なオーディションを受け続けますが、落ち続けてしまいます。

 

オーディションを受け続けても結果がついてこない日々に最後にしようと思って受けたのがチーム8のオーディションでした。

 

そこで彼女はチーム8のオーディションに合格し、憧れていたアイドルになることが出来ました。

 

だからこそ、人一倍アイドルやチーム8に強い志を持っていて、夢を与えることやアイドルとしての在り方に信念を持っています。

 

皆を楽しませたいという意志や自分自身がアイドルであることを全力で楽しんでいる彼女の姿勢はとても素晴らしいですよね。

 

特に、SHOWROOMでは画質の良さにこだわっていたり、様々な企画を自分で行うなど、見ている人を楽しませようとしています。

 

ちなみに、乃木坂46の同じ名前である西野七瀬に憧れており、アイドルになる前は握手会に並ぶほどのファンだったようです。

 

容姿

動画などでは顔立ちは非常に可愛らしい顔立ちだとは思いますが、本人も自覚しているように写真写りが悪いようです。

 

検索などではブスといったワードも出ているのは事実です。

 

公式写真だとかなり写真写りが悪く、損をしているように思います。

 

公式写真はこちらです。

 

 

恐らく、「はい、撮ります!」みたいな形の公式写真だと表情が硬くなるのが原因ではないかと思います。

 

実際に動いているような写真だと配信同様の可愛らしい表情だと思います。

 

通常時の写真がこちらです。

 

 

こちらは表情も自然で非常にかわいいと思います。

 

スタイル

彼女は顔の印象と違い、実はスタイルがいいと言われいるようです。

 

身長も163㎝と比較的高身長で、すらっとしたスタイルで非常に目を引きます。

 

どうでしょうか?

 

顔の印象と違い、スタイルの良さが目立っているように感じます。

 

彼女は将来の目標はファッションモデルだと公言しています。

 

元々、乃木坂46のファンだったこともあるようで、専属モデルの依頼などもいずれ来るかもしれませんね。

 

パフォーマンス

彼女のパフォーマンスはいつでも全力でパフォーマンスを行っており、多くの人を魅了しています。

 

ライブはもちろん、テレビなどで後列にいても全力のパフォーマンスで存在感を放ち、ファンを増やしているようです。

 

 

 

この画像だけでも全力感や一生懸命感が伝わりませんか?

 

チーム8自体が全員パフォーマンスを全力で行うことで有名なので、目立ちづらいとは言え、その中でパフォーマ数で目立っているという事実は凄いことだと思います。

 

キャッチフレーズ

『みーんな私を(ミルフィーユ) 千葉県から来ました吉川七瀬です』

 

というキャッチフレーズでミルフィーユと呼ばれることもあります。

 

なぜミルフィーユをキャッチフレーズにと使っているかというとミルフィーユはフランス語で「mille(千の)」「feuille(葉)」を意味しており、みんな私を『見る』にかけて千葉県代表の彼女のキャッチフレーズとして使っているようです。

 

都道府県代表であるチーム8特有の地方ネタキャッチフレーズですね。

 

個人的にはよく考えられていて、かわいらしい響きなども含め、非常に好きなキャッチフレーズです。

 

 

まとめ

吉川七瀬の魅力は伝わりましたか?

 

きっと色々な魅力がある彼女なので伝わり切らない部分は多いかと思いますが、少しでも伝わればいいと思います。

 

現在、AKB48に憧れてAKB48に入ることについてはやや批判的に捉えられています。

 

それは全盛期を作った最初期のメンバーはアイドルに憧れていたわけではなく踏み台としてAKB48に入ったメンバーがほとんどで、その野心が全盛期を作ったからだと言われています。

 

現在のAKB48は入ることがゴールになっており、野心が欠けているいう風に捉えられがちです。

 

チーム8は幼いころからAKB48に憧れていたメンバーがほとんどです。

 

特に、吉川七瀬はそのメンバーの代表でしょう。

 

彼女達はAKB48が全盛期だったころに憧れていたのでもっと伸びて、あの頃のAKB48を取り戻す目標があるように感じます。

 

その姿勢は応援したくなりますし、好感が持てます。

 

是非皆さんも彼女を応援してください。

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*