古典落語

【古典落語】「時そば」のあらすじと解説~日本人としての教養

今回は「時そば」のあらすじと解説について書いていきます。

落語界でも超メジャーといえるこの噺。多くの作品でリメークやモチーフにされており、まさに日本人としての教養といってもいいのではないでしょうか?

あらすじを知っている方にも改めて読んでいただけたらと思います。

 

続きを読む

【古典落語】「青菜」のあらすじと解説~粋な大人と恰好がつかない若者

今回は「青菜」のあらすじと解説について書いていきます。

「青菜」はまさにかっこいい大人とそれに憧れ、見様見真似で同じことをしようとするが、恰好がつかないという噺です。

私自身も近い経験があったように思います。そういったコミカルさが非常に親近感や愛らしさを生む面白い噺ですよね。

 

続きを読む

【古典落語】「猫の皿」のあらすじと解説~まさに落語の王道展開

今回は「猫の皿」のあらすじと解説について書いていきます。

「猫の皿」の構成は非常にシンプルですよね。噺を通して、振りと下げがしっかりつながり、欲をかいた果氏が凝ら占められる展開はまさに王道といったところでしょう。

王道ゆえに登場人物の人間性に大きな幅を持たせられる点で非常に聴きごたえのある演目ではないでしょうか。

続きを読む