主観長屋や粗忽長屋と呼ばれる演目です。

この噺を聞くと事実や現実という言葉が馬鹿馬鹿しくなりますね。

 

続きを読む